【海外ミーム】「Picture My Booty Up in 3D」の意味・元ネタを解説

2020年7月27日

@Kettle227

どうもこんにちは。管理人のケシトリです。

今回はブーティなミーム、Picture My Booty Up in 3Dについて解説していきます。

Picture My Booty Up in 3Dとは?

Picture My Booty Up in 3D(俺のケツを3Dで描く)とは、緑色の巨大な尻がリズムに合わせてスクリーンから飛び出すという、ケツとインパクトがデカすぎるミームである。

Picture my booty up in 3-D

I’ll shake my booty in my own movie

3Dで楽しむオレのケツ

オレの映画で振るオレのケツ

※字幕版の歌詞を確認するために、わざわざレンタルしました…(謎努力)

Picture My Booty Up in 3Dの元ネタ

このクレイジーなシーンは、2018年公開の映画「ティーン・タイタンズGO! トゥ・ザ・ムービー」が元ネタ。

ケツをドアップで強調している過激なシーンだが、一応子供向けのアニメである。

元々は「ティーン・タイタンズ」として2006年から放送されていたが、シーズン5で完結。

その後2013年に「デフォルメキャラ&コミカル路線」で復活を果たしたのが、この「ティーン・タイタンズGO!」である。

色々調べてみた所、この路線に対する視聴者の反応は賛否両論な印象を受ける。

管理人も幼少期、カートゥーンネットワークで前作を楽しく見ていたが、昔の彼らの八等身でイケメンな姿は今や見る影もない。

GO!はGO!でアリだとは思うが、イケメンな方のシリーズも復活して欲しいところである。

画像引用:カートゥーンネットワーク

↑時々Old Teen Titansとして、GO!にも登場してます。

使用例

これを使ったミームの中でも、特に以下の三つが人気である。

Picture my Taiko up in 3D(太鼓の達人エミュの譜面)

“my superhero movie" but the booty is in 2D"(Bootyを3Dではなく2D化)

my superhero movie but its just my booty remastered(歌詞のほとんどがBooty)

↑くだらないけどオススメ。

個人的に一番面白かったのが、Picture My Booty up in 3D but it’s a Speedrun in 1:13:08 (ANY%)という以下の動画。

終始意味不明であり、人類には早すぎるようなミームだが、管理人のここ最近で一番のお気に入りミームである。

↑頭おかしい。(誉め言葉)

豆知識

・Bombastic:誇大な、大げさな

・Bop:良い曲

・Bootie:Bootyの表記ゆれ。意味は同じ。

 

LINEスタンプ・グッズ発売中!詳細はこちら↓