【海外ミーム】「DaBaby Convertible」の意味・元ネタを解説

2021年4月12日

どうもこんにちは。管理人のケシトリです。

今回はLet’s gooo!なミーム、DaBaby Convertibleについて解説していきます。

DaBaby Convertibleとは?

DaBaby Convertible(ダベイビーのオープンカー)とは、アメリカの人気ラッパーDaBabyが自動車の姿となってしまったミームのこと。

Convertibleは形容詞で「変換可能な」、名詞だと「コンバーチブル、オープンカー」を意味する単語である。

顔にタイヤを付けただけという手抜き具合にも関わらず、今やミーム汚染のせいで「DaBabyと言えばConvertible!」としか思いつかない。

DaBaby本人の反応が一番気になるミームである。

ミーム化の起源

このミームは2019年3月、カナダの面白インタビュアー「Naedwuar」による以下の動画が元ネタ。

動画の6:30~から視聴すると、ミームの元となった例の顔が確認できる。

翌月の2019年4月、このDaBabyの写真を車と並べ「顔の作りがクライスラーのPTクルーザーみたい😂」というツイートが投稿され、2万6000ものイイねが記録された。

このツイート以降、DaBabyの顔が車としてイジられる風潮があったらしく、いくつかの関連ツイートやFacebookの投稿が確認されている。

しかし、DaBaby Convertibleが今の形を成したのは、このツイートから少し経った2020年8月のこと。

DaBabyのヒットソング“Suga"の1フレーズを、iOS10で搭載された機能「Genius Lyric Messages」風に編集し、例の画像を加えた以下のツイートがオリジナルである。

I will turn a ni**a into a convertible.

俺はお前をコンバーチブルにしちまうぜ。

※人間の頭(top)をオープンカーの屋根(top)に例えており、つまりは「お前の頭をぶち抜いてやる」という意味合いになる。

そして2020年の9月頃から徐々にDaBaby Convertibleとしてミームが拡散し、次第にYouTube上でも動画や3Dモデルとして流行し始めた…というのがミーム化の経緯である。

使用例

動画系のDaBaby Convertibleで使われている曲は、主にSugaとVIBEZの2曲である。

↑ゲーム化も果たしていました…(困惑)

豆知識

・プロデューサータグ:HIPHOPのイントロで流れる決まったフレーズのこと。

・DababyのSugeとVIBEZでは、“Oh lord, Jetson made another one!"がプロデューサータグである。

参考サイト:Dababy Convertible – Know Your Meme